はじめての資産運用をナビゲート

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

×閉じる

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

メニュー
トップへ
最終更新:2022年07月12日

ミニ株とは何?ミニ株(単元未満株)取引おすすめ証券会社比較

ミニ株とは何?ミニ株(単元未満株)取引おすすめ証券会社比較
石井 僚一 金融・投資ライター

株式投資に興味はあるものの、「有名企業に投資したいが資金が心配」、「少額で気軽に投資できるミニ株があると耳にしたけど、よく分からない」という方も多いのではないでしょうか。

株式投資の第一歩としては、少額で投資ができるミニ株・単元未満株から始めることがおすすめです。本記事では、ミニ株・単元未満株とは?という基本的な部分から、具体的な投資方法、そしてミニ株・単元未満株を始めるのに適した証券会社の選び方などを解説します。

ミニ株・単元未満株により少額資金で株式投資の第一歩を踏み出してみませんか?

結論(この記事のポイント)
  • ミニ株・単元未満株とは?
  • 各証券会社のミニ株・単元未満株のサービス内容
  • ミニ株・単元未満株への投資を行うならSBI証券がオススメ
目次を開く

ミニ株とは?単元未満株とは?

株式投資を少額から行う方法に、ミニ株・単元未満株への投資があります。

ミニ株とは?

「本日のソニーグループの株価の終値は1万2000円でした」などと、ニュースで耳にする機会があります(なお株価は仮の価格)。しかし投資家はソニーグループ株を1万2000円で購入できるわけではありません。

株式は通常、「単元」という単位で取引が行われます。原則的に1単元=100株であり、株価が1万2000円の場合、投資を行う際の必要最低資金は120万円です。しかし120万円もの大金を用意しなくても、ソニーグループ株に投資できる方法があります。その1つの方法がミニ株の利用です。

ミニ株は1単元の10分の1である、10株単位で投資できる取引方法です。よってミニ株ならソニーグループ株を10株の12万円で投資できます。

ミニ株でも配当金は受け取ることができます。しかし、基本的に株主総会での議決権や株主優待を受け取る権利がない点には注意が必要です。

単元未満株とは?

ミニ株と同様に、1単元(100株)以下で株式に投資する方法として、単元未満株への投資があります

単元未満株とは、1単元=100株に満たない株式のことを指します。広い意味ではミニ株も単元未満株に含まれます。しかし一般的には10株単位はミニ株、1株単位は単元未満株と呼ばれています。

また単元未満株は既に株式を保有している場合に、株式分割や会社の合併、減資、子会社化、1単元の変更、持株会社への移行などで受け取ることもあります。

単元株への投資では、多額の投資資金が必要な銘柄も多いことから、SBI証券など、単元未満株の取引サービスを提供する証券会社も多く存在します。ただし、楽天証券のように単元未満株の購入はできない(売却はできる)証券会社もあります。

ミニ株・単元未満株投資おすすめ証券会社9選比較

多くの証券会社でミニ株や単元未満株の取引サービスが提供されていますが、各社で内容は違います。次の4つのポイントをチェックすることで、各証券会社を比較して特徴を把握しましょう。

【ミニ株・単元未満株投資の証券会社選びチェックポイント】

  • 手数料
  • 取扱銘柄
  • 最低取引単位
  • NISA口座の取扱

上記4点について、ミニ株・単元未満株が取引できる主な証券会社9社を比較しました(下表)。ミニ株・単元未満株への投資を始める際の証券会社選びにご利用ください。

※この表は横にスクロールします

横にスクロール
証券会社名
ミニ株名称
手数料 取扱
銘柄数
最低
取引単位
NISA口座での
ミニ株投資
ミニ株
おすすめ特徴
SBI証券
S株
買付:0円
売却:約定代金×税込0.55%
最低手数料:税込55円
買付・売却:東証
売却のみ:名証・福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)
1株~
auカブコム証券
プチ株
買付・売却:約定代金×税込0.55%
最低手数料:税込52円
買付・売却:東証・名証
売却のみ:福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)
1株~ プチ株の積立も可能
(プレミアム積立、月500円~)
マネックス証券
ワン株
買付:0円
売却:約定代金×税込0.55%
最低手数料:税込52円
買付・売却:東証・名証
売却のみ:福証(Q-Board除く)・札証(アンビシャス除く)
1株~ 投資SNS×1株から投資できるスマホアプリferci(フェルシー)利用可能
LINE証券
いちかぶ
買付・売却:基準価格×0.2~1.0%(スプレッド)
※時間帯・取引銘柄によって異なる
1500銘柄以上 1株 × 日中・夜間とも1株単位でリアルタイム取引・約定が可能
平日21時まで取引可能
SBIネオモバイル証券
S株
月額税込220円
(50万円以下)
買付・売却:東証
売却のみ:名証・福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)
1株~ × 株の「定期買付」が可能(100円~)
1株からIPO申込可能
PayPay証券 買付・売却:基準価格×0.5~1.0%(スプレッド)
※時間帯によって異なる
160銘柄 1000円~
(金額指定)
×
日興フロッギー
(SMBC日興証券)

キンカブ
買付:0円(100万円以下)
売却:0.5%(スプレッド)
約3700銘柄 100円~
(金額指定)
記事を読んで1株から買える
CONNECT
(大和証券)
ひな株
買付・売却:基準価格×0.5%(スプレッド) 300銘柄以上 1株~ リアルタイム取引・約定が可能(日本株)
米国株も1株から購入可能
岡三オンライン
単元未満株
買付・売却:税込220円(2万円まで)
税込330円(3万円まで)
税込660円(10万円まで)
以降10万円増加ごと税込660円ずつ増加
買付・売却:東証・名証
売却のみ:福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)
1株~

手数料を例に取っても各社さまざまです。SBI証券やマネックス証券では買付手数料0円ですが、約定(取引)金額に一定金額を付加する証券会社、手数料固定の証券会社、月額利用料のみで売買手数料自体は発生しない証券会社など、各社各様です。

なお表ではネット証券だけではなく、スマホ証券も取り上げました、スマホ証券は口座開設から入金、取引、出金など一連の手続きがスマホだけで完結できる証券会社であり、2018年頃から増加しています。

次章からは各証券会社のミニ株・単元未満株投資について、おすすめ順に解説していきます。

SBI証券:S株

  SBI証券
ミニ株・単元
未満株の名称
S株
手数料

買付:0円

売却:約定代金×税込0.55%

最低手数料:税込55円

取引時間/
約定タイミング
1日3回

0時~7時…当日前場始値(9時約定)

7時~10時30分…当日後場始値(12時30分約定)

10時30分~13時30分/当日後場引け(終値)(15時約定)

13時30分~24時/翌営業日前場始値(翌9時約定)

取扱銘柄数

買付・売却:東証

売却のみ:名証・福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)

ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
×
ミニ株での
ポイント投資
×

SBI証券は「S株」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しています。S株の特徴は次の3点です。

SBI証券のS株
  • 数百円から株式投資が可能
  • 買付手数料が実質無料
  • 24時間いつでも注文可能

SBI証券のS株は1株から取引でき、数百円から株式投資ができます。

また、買付手数料は無料です。

注文は24時間いつでも受け付けており、スマートフォンなどでもすぐに注文できます。ただし注文が株式市場へ発注されるのは1日3度(9時、12時30分、15時)です。

SBI証券は大手ネット証券であり、投資情報や取引ツールも充実しています。また株式や投資信託を購入することでTポイント、Pontaポイント、dポイントなどが貯まるサービスも提供されています

SBI証券は株式投資に関わる充実したサービスに定評があります。そのため、S株から始めて通常の株式投資(単元株)までの拡大を考えている方を中心に、幅広い層におすすめです

auカブコム証券:プチ株

  auカブコム証券
ミニ株・単元
未満株の名称
プチ株
手数料

買付・売却:約定代金×税込0.55%

最低手数料:税込52円

取引時間/
約定タイミング

前日10時1分~同23時…前場始値

前日23時1分~当日10時…後場始値

取扱銘柄数

買付・売却:東証・名証

売却のみ:福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)

ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
ミニ株での
ポイント投資
〇(Pontaポイント)

auカブコム証券は「プチ株」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しており、次の3点の特徴があります。

auカブコム証券のプチ株
  • Pontaポイントを購入に使える
  • プレミアム積立なら手数料無料
  • プチ株をFX取引などの担保に活用できる

プチ株なら、Pontaポイントを使ってミニ株・単元未満株の購入が可能です。また毎月500円以上の積立投資を行うプレミアム積立により、プチ株の買付手数料が無料となる点もメリットです。

さらに購入したプチ株は、auカブコム証券でのFX取引や信用取引、指数先物取引などの保証金や証拠金の代用証券として活用できるため、新たな投資資金を用意せずにそれらの取引が可能です。

なおauカブコム証券で口座を開設すると、投資信託を保有するだけでPontaポイントを毎月貯めることができるため、貯めたPontaポイントでさらに投資ができます。

auカブコム証券は、Pontaポイント利用者にメリットが非常に大きい証券会社であり、Pontaポイントの利用者に特におすすめです。

マネックス証券:ワン株

  マネックス証券
ミニ株・単元
未満株の名称
ワン株
手数料

買付:0円

売却:約定代金×税込0.55%

最低手数料:税込52円

取引時間/
約定タイミング

0時~11時30分
…当日後場始値

17時30分~24時
…翌営業日後場 始値

取扱銘柄数

買付・売却:東証・名証

売却のみ:福証(Q-Board除く)・札証(アンビシャス除く)

ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
×
ミニ株での
ポイント投資
×

マネックス証券は「ワン株」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しており、次の3点の特徴があります。

マネックス証券のワン株
  • 買付手数料が無料
  • NISA・ジュニアNISAに対応
  • ワン株も貸株の対象

ワン株は買付手数料が無料であり、買付時に投資資金以外の資金負担がありません(ただし売却時には約定代金の税込0.55%の手数料が発生)。よってコストを抑えてミニ株・単元未満株の投資ができます。

またNISAやジュニアNISAに対応しており、ミニ株・単元未満株の長期投資により売却利益が出た際の税負担の軽減が可能です。

さらにワン株も単元株同様に貸株の対象のため、貸出手続きを行うことで貸株金利を受け取れます。

なお、マネックス証券では投資銘柄探しに役立つツール「銘柄スカウター」などのツール類が充実しています。また多数の米国株の取り扱い、マネックスポイントサービスなど、口座開設によりさまざまなサービスの利用が可能です。

マネックス証券のワン株は、NISA・ジュニアNISAの対応や貸株の対象になるなど、単元未満株の長期投資を考える投資家におすすめの証券会社です。

LINE証券:いちかぶ

  LINE証券
ミニ株・単元
未満株の名称
いちかぶ
手数料 買付・売却:基準価格×0.2~1.0%(スプレッド)
※時間帯・取引銘柄によって異なる
取引時間/
約定タイミング

日中: 9時~11時20分、11時30分~12時20分、12時30分~14時50分

夜間: 17時~21時

※銘柄により異なる。リアルタイム約定

取扱銘柄数 1500銘柄以上
ミニ株での
NISA口座利用
×
ミニ株での
積立
×
ミニ株での
ポイント投資
〇(LINEポイント)

LINE証券は、メッセンジャーアプリLINEを展開するLINEと証券大手・野村証券の合弁会社。2019年8月にサービスを開始したスマートフォン特化型のスマホ証券です。

LINE証券では、「いちかぶ」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しており、特徴は次の3点です。

LINE証券のいちかぶ
  • 多数の取り扱い銘柄
  • リアルタイムでの約定
  • 独自の手数料体系

いちかぶでは1500銘柄以上の取引が可能で、幅広い選択肢の中から銘柄を選ぶことができます。

また、リアルタイムの株価で約定がなされます。よって株価の動きを確認しながら取引ができるため、スピーディな投資判断を行うことが可能です

一方で、いちかぶでは市場価格に若干のレートが上乗せされた価格で約定がなされる独自の手数料が採用されています。

スマホ証券であるLINE証券を活用することで、スマホ経由で簡単に株式投資を始めることができます。LINE証券は少額資金で手軽に株式投資を始めたい方におすすめの証券会社です。

SBIネオモバイル証券:S株

  SBIネオモバイル証券
ミニ株・単元
未満株の名称
S株
手数料 月額税込220円(50万円以下)
取引時間/
約定タイミング

0時~7時…当日前場始値

7時~10時30分
…当日後場始値

10時30分~13時30分
…当日後場終値

13時30分~24時
…翌営業日前場始値

取扱銘柄数

買付・売却:東証

売却のみ:名証・福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)

ミニ株での
NISA口座利用
×
ミニ株での
積立
ミニ株での
ポイント投資
〇(Tポイント)

SBIネオモバイル証券は、「S株」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しており、次の3点の特徴があります。

SBIネオモバイル証券のS株
  • Tポイントを購入に使える
  • 1株からIPOに申し込める
  • S株でも定期買付が可能

SBIネオモバイル証券ではTポイントを利用してS株へ投資ができます。よって現金を投じることなくTポイントのみで株式投資が可能です。

また新規上場株式(IPO銘柄)について「ひとかぶIPO」サービスにより、1株単位で申込みができます。抽選のため購入機会が限られるIPO銘柄ですが、本サービスを利用することで投資できる可能性が高まります。

またS株であっても定期買付が可能であり、長期間に渡り継続的な投資金額を積み上げることもできます。

国内屈指のポイントサービス・Tポイントを利用して株式投資ができるSBIネオモバイル証券は、ポイントを活用した投資に興味がある方におすすめの証券会社です。

また月額220円(税込)のサービス利用料で月50万円以下の約定までは株式売買手数料が無料のため、少額で多くの銘柄に投資を行う方にもメリットのある証券会社です。

PayPay証券

  PayPay証券
ミニ株・単元
未満株の名称
ー(金額指定買付)
手数料 買付・売却:基準価格×0.5~1.0%(スプレッド)
※時間帯によって異なる
取引時間/
約定タイミング

9時0分10秒~14時59分…リアルタイム約定

16時~翌8時59分
…翌営業日前場始値

取扱銘柄数 160銘柄
ミニ株での
NISA口座利用
×
ミニ株での
積立
〇(米国株)
ミニ株での
ポイント投資
×

ソフトバンクグループが運営するPayPay証券では、ミニ株・単元未満株の投資サービスとしての取り扱いはありません。しかし、1000円から株式投資が可能という金額指定買付という形でサービスを提供しています。PayPay証券のミニ株・単元未満株投資は次の3点が特徴です。

PayPay証券の金額指定買付
  • 1000円から金額指定で株式の購入可能
  • 日本株のみならず米国株も売買できる
  • 米国株の積立投資が可能

PayPay証券では最低取引金額1000円で金額を指定した株式投資ができます。さらに日本株のみならず米国株も1000円から投資可能です。

また「ロボ貯蓄」という米国株の積立投資サービスもあり、成長性の高い米国企業の株式の定期的な少額購入ができます。日本株のみならず米国株へも少額投資を行いたい方におすすめの証券会社です。

日興フロッギー(SMBC日興証券):キンカブ

  日興フロッギー
(SMBC日興証券)
ミニ株・単元
未満株の名称
キンカブ
手数料

買付:0円
100万円以下)

売却:0.5%
(スプレッド)

取引時間/
約定タイミング

0時~2時
…当日前場始値

5時~8時
…当日前場始値

8時~11時30分
…当日後場始値

16時~24時
…翌営業日前場始値

取扱銘柄数 約3700銘柄
ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
〇(キンカブ定期定額買付)
ミニ株での
ポイント投資
〇(dポイント)

日興フロッギーは証券大手のSMBC日興証券が提供する投資サービスです。株式取引サービスの提供のみならず、情報メディアと取引機能が一体化した独自のサービスを提供しています。

日興フロッギーでは「キンカブ」の名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しており、特徴は次の3点です。

日興フロッギーのキンカブ
  • dポイントを購入に使える
  • 買付手数料が無料
  • NISA口座の利用可能

日興フロッギーではdポイントを利用してキンカブへの投資が可能です。NTTドコモ利用者のみならず、他の携帯キャリア利用者でも買物などで貯めることができるdポイントで株式投資ができます。

また、買付手数料が無料です(100万円以下)。さらにNISA口座の利用も可能なため長期投資のメリットも享受できます。

日興フロッギーでは700を超えるお金に関する無料記事を読め、そこから銘柄の注文もできます。よって日興フロッギーは投資の勉強を行いながら、少額投資を着実に進めたい方におすすめのサービスです。

CONNECT(大和証券):ひな株

  CONNECT
(大和証券)
ミニ株・単元
未満株の名称
ひな株
手数料 買付・売却:基準価格×0.5%(スプレッド)
取引時間/
約定タイミング

平日9時~11時30分、12時30分~14時55分
…リアルタイム約定

平日11時30分~12時30分…後場始値

上記時間帯以外(平日14時55分~16時除く)は予約注文、前場始値

取扱銘柄数 300銘柄以上
ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
×
ミニ株での
ポイント投資
〇(dポイント)

CONNECTは証券大手の大和証券が設立したスマホ特化型の新しい証券会社です。CONNECTでは「ひな株」という名称でミニ株・単元未満株の投資サービスを提供しています。ひな株では国内銘柄のみならず、米国銘柄(50銘柄、うち10銘柄はETF)の少額投資も可能です。

CONNECTは、大手証券会社の信頼感をバックに日本および米国の銘柄に少額投資を行いたい方におすすめの証券会社です。

岡三オンライン:単元未満株

  岡三オンライン
ミニ株・単元
未満株の名称
単元未満株
手数料

買付・売却:税込220円(2万円まで)

税込330円
(3万円まで)

税込660円
(10万円まで)

以降10万円増加ごと税込660円ずつ増加

取引時間/
約定タイミング

16時15分~21時
…翌営業日前場寄値

21時~0時
…翌営業日後場寄値

0時~10時30分
…当日後場寄値

※土日祝…翌営業日後場寄値

取扱銘柄数

買付・売却:東証・名証

売却のみ:福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)

ミニ株での
NISA口座利用
ミニ株での
積立
×
ミニ株での
ポイント投資
×

岡三オンラインでは特別な名称はありませんが、単元未満株の投資サービスを提供しています。

岡三オンラインの単元未満株は、通常の株式取引の延長線上のサービスであり、ポイントアップや手数料優遇などの特別なサービス提供はありません。

岡三オンラインは、全国に店舗を持つ準大手証券の岡三証券が手掛けるネット証券サービスです。岡三証券は自社でさまざまな投資情報を配信しているため、岡三オンラインに口座開設することで市況情報や銘柄情報などを閲覧できます。

単元未満株投資を皮切りに、さまざまな投資情報を活用して長期的に投資家としての独り立ちを目指す方にとって、岡三オンラインの活用は非常に役立ちます。なお、同社の単元未満株投資は特別なキャンペーンなどもないため、他社に比べて若干手数料が高い点は注意が必要です。

ミニ株・単元未満株に関するよくある質問

ミニ株・単元未満株とは?

ミニ株は1単元(100株)の1/10=10株単位、単元未満株は1株単位で投資ができる取引方法

ミニ株・単元未満株ともに1単元以下での投資が可能です。ミニ株と単元未満株のいずれも各証券会社独自の投資サービスのため、取り扱っていない証券会社もあります。

ミニ株・単元未満株投資のメリット・デメリットは?

メリットは株価の高い銘柄でも少額投資できる、デメリットは投資対象銘柄が限られる

少額投資のメリットは、1単元では多額の投資金額が必要な銘柄でも少額で投資できる点。デメリットは、希望する銘柄の取り扱いがないケースがある点です。

投資したい銘柄がミニ株・単元未満株の対象ではなく、投資できない銘柄もありますが、取扱銘柄は証券会社によって異なるため、他の証券会社でなら取引できる場合もあります。

ミニ株・単元未満株投資のおすすめ証券会社は?

買付手数料無料、取扱銘柄数も多く24時間発注可能なSBI証券がおすすめ

ミニ株・単元未満株投資のS株は買付手数料が無料であり、取引コストを気にせず取引ができます。またSBI証券はネット証券大手で実績もあり、投資情報や投資ツールも充実していることから長期間に渡って付き合える証券会社です。

ミニ株・単元未満株のおすすめ銘柄は?

トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャルグループ、ソフトバンクグループです

1.トヨタ自動車<7203>:日本のみならず世界を代表する自動車メーカーへの投資も1株なら約2000円で投資可能です。

2.三菱UFJフィナンシャルグループ<8306>:国内最大手の銀行グループである三菱UFJフィナンシャルグループは安定した業績に加え、年間3%以上の配当があります。ミニ株・単元未満株でも配当がもらえるため、配当を目的とした少額投資ができます。

3.ソフトバンクグループ<9984>:投資事業を手掛けるソフトバンクグループは業績および株価の変動が激しい銘柄。ミニ株・単元未満株の少額投資なら、リスクを抑える形で同銘柄に投資ができます。

ミニ株・単元未満株なら、少額資金で株式投資の第一歩を踏み出せる

株式投資は必ず利益が出るわけではなく、株価の下落により投資資金が目減りすることも日常茶飯事です。

ミニ株・単元未満株なら投資後に経験する、株価上昇・株価下落や投資先企業の業績悪化などさまざまな出来事を少額資金で経験できます。

将来的に大きな金額での株式投資を考えている方も、株式投資には興味があるものの踏み出すことができない方も、株式投資に興味があるならミニ株・単元未満株を利用して、まずは少額資金で株式投資を始めてはいかがでしょうか

どこで
口座開設したらよいの?

いざ、株式投資を始めよう!と思っても、数ある金融機関の中からどこを選べばよいか迷いますよね。そこで、多くの人に支持される金融機関3つを、独自のサービスやおすすめ情報と併せてご紹介します。

  • 総合力で選ぶなら!

    SBI証券

    • 1日100万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • ワンコインから投資ができる!サービスの充実度は業界トップクラス
    • 国内株式個人取引シェア1位を獲得(2021年4~6月)!総合力に秀でた証券会社
  • 口座開設数ナンバーワン

    楽天証券

    • 1日100万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • 口座開設数は4年連続ナンバーワン!初心者向けサービスも充実
    • プロも太鼓判を押す取引アプリが無料で利用できる!使い勝手抜群
  • 初心者にやさしい証券会社

    松井証券

    • 株主優待名人の桐谷さんが30年愛用する証券会社
    • 1日50万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • 銘柄の探し方などの株式投資の悩みを無料相談できる“株の取引相談窓口”がある

この記事は役に立ちましたか?

役にたった (0)
役にたたなかった (0)

\ この記事をシェアしよう /

ミニ株とは何?ミニ株(単元未満株)取引おすすめ証券会社比較

ミニ株とは何?ミニ株(単元未満株)取引おすすめ証券会社比較

ページトップ
【免責事項】

・当サイトの掲載情報は執筆者の見解であり、あくまでも参考情報の提供を目的としたものです。
最終的な投資決定は、各取扱金融機関のサイト・配布物にてご確認いただき、ご自身の判断でなさるようお願い致します。

・当サイトの掲載情報は、信頼できると判断した情報源から入手した資料作成基準日における情報を基に作成しておりますが、当該情報の正確性を保証するものではありません。また、将来的な予想が含まれている場合がありますが、成果を示唆あるいは保証するものではありません。

・当サイトは、掲載情報の利用に関連して発生した一切の損害について何らの責任も負いません。

・当サイトの掲載情報は、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されております。

・当サイトへのリンクは原則として自由ですが、掲載情報を営利目的で使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等)する事は禁止します。

マネーはじめてナビ