はじめての資産運用をナビゲート

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

×閉じる

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

メニュー
トップへ
最終更新:2022年05月11日

簡単5ステップ!初心者のための株の買い方と売り方-選び方やコツも紹介

簡単5ステップ!初心者のための株の買い方と売り方-選び方やコツも紹介
新井 智美 トータルマネーコンサルタント

この記事は10分で読めます

投資に限らず、新たなことに挑戦する時、最初は分からないことが多いものです。株式への投資を始めてみようと思っても、どのように株式を買えばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、株式の買い方についてイチからやさしく解説します。合わせて、株式投資を行う際のコツについても解説しますので、参考にしてください。

株式の買い方-5つのステップ
  1. ①証券会社で口座開設
  2. ②銀行口座から証券口座に入金する
  3. ③購入したい企業の株式を選ぶ
  4. ④株式を購入する
  5. ⑤株式を売却する
目次を開く

株式の買い方
ステップ①証券会社で口座開設

株式投資を行うためには、まず証券会社で証券口座を開設する必要があります。

多くの証券会社でインターネットから口座開設の申し込みができます。証券会社各社の公式サイトから手続きを行えるので、気になる証券会社がある人はその証券会社の公式サイトをチェックしてみましょう。

初心者におすすめの証券会社は?

ただ、どんな証券会社があるのか、自分に合った証券会社はどこなのか、特徴や選ぶポイントが分からず「どこで口座開設をすればいいのだろう…」と迷う人も多いと思います。

そこで、これから株式投資を始めたい人におすすめの「投資にかかる手数料が安い」または「少額から投資にチャレンジできる」証券会社を3社ご紹介します。参考にしてください。

◆おすすめの証券会社3選
  おすすめポイント
SBI証券
  • 数百円程度から投資ができる「S株」で初心者も投資を始めやすい
  • 売買手数料は最安値水準!25歳以下ならなんと実質無料
  • 手数料に対して1.1%のポイントが貯まる!もらえるポイントは3種類*から選べて便利
    (※Tポイントordポイントor Pontaポイント)
DMM株
(DMM.com証券)
  • 株式の取り引きに特化した証券会社!数百円程度からの投資(単元未満株)にも対応
  • 今なら誰でも1か月間売買手数料が無料!さらに25歳以下なら手数料が実質無料
  • 手数料に対して1%の株ポイントが貯まる
楽天証券
  • 売買手数料は最安値水準!
  • 手数料に対して1%の楽天ポイントが貯まる
  • 「最初の1本、選び方ガイド」など初心者の投資スタートを助けるサービスが豊富

株式の買い方
ステップ②銀行口座から証券口座に入金する

一般的に、口座開設の手続きの完了には最短翌日から最長でも1カ月程度かかります。証券口座を利用できるようになったら、ご自身が利用している銀行口座から証券口座へ株式の購入資金を入金しましょう。

入金方法には主に「即時入金」、「リアルタイム入金」、「銀行振込」の3つがあり、それぞれの特徴や手数料は異なります。下表を参考に、自分に合った入金方法を選びましょう。

横にスクロール
横にスクロール
  即時入金 リアルタイム入金 銀行振込
特徴
  • インターネットバンキングを利用して、自分が保有している銀行口座から証券口座に振り込む方法
  • 事前に自分が保有している銀行口座のインターネットバンキング契約が必要
  • 証券会社のサイトで口座振替の登録などを行なうだけで利用できる
  • インターネットバンキングの契約は不要
  • 自分が保有している銀行口座の窓口やATMを利用して証券口座に振込む方法
  • 利用の際には事前に証券会社の公式サイトにて登録が必要
手数料 無料
(証券会社が負担)
無料
(証券会社が負担)
有料
(自己負担)
利用可能時間 24時間 銀行ごとに異なる 銀行の窓口や
ATMの受付時間内
(銀行ごとに異なる)
買付余力への反映 即時 即時 証券会社が
振り込みを確認した後
備考
  • 証券会社ごとに利用可能な銀行は異なる
  • 振込限度額は銀行ごとに異なる
  • 証券会社ごとに利用可能な銀行は異なる
  • 証券会社ごとに利用可能な銀行は異なる
  • 買付余力…株式の購入に使用できる金額

株式の買い方
ステップ③購入したい企業の株式を選ぶ

証券口座への入金が完了したら、気になる企業の株式を購入できます。どの株式を買うか、さっそく選んでみましょう。

初めて株式を購入する際は、ご自身にとって身近な企業を選ぶと良いでしょう。投資の世界には、「遠くのものは避けよ」という格言があります。なじみのない企業よりも、自分が知っている企業や自分の好きなものを取り扱っている企業などから選ぶ方が間違いが少ないという意味です。

また、株式の購入は通常100株単位での購入になります。株価が300円の企業であれば、3万円から株式を購入できるというわけです。株価は企業ごとに異なりますので、株価の高い企業の株式を購入しようと思うと、ある程度まとまった資金が必要になります。

「少額から投資できる証券会社」があるのはなぜ?

なお、上述したおすすめの証券会社の中で、SBI証券DDM株では「数百円程度からの投資ができる」と紹介しています。これは通常の100株単位(単元株)ではなく、1株単位から購入できるサービスが用意されているからです。

通常の株式取引で使われる単位(多くの場合は100株)に満たない株式を「単元未満株」といい、一部の証券会社で購入できます。最初から数万円も投資に使うのは怖いと感じているなら、このようなサービスに対応している証券会社で口座開設することをおすすめします。

合わせてこちらもチェック!

株式の買い方
ステップ④株式を購入する

購入したい株式が決まったら、「銘柄」「購入株数」「注文方法」などを決め、実際に購入してみましょう。

DDM株のアプリ「DMM株 STANDARD」の画面を例に基本的な流れを紹介します。

アプリ「DMM株 STANDARD」の画面

まず「①どこの取引所で購入するか」を決めます。通常の取引では「②現物」を選びます。また、NISAなどの口座を利用するのであれば指定しましょう(画面③)。

株式の購入時は「買付」を選択し(画面④)、数量(購入株数、画面⑤)、注文方法(画面⑥)などを選択します。最後に「注文確認」をタップして内容に間違いがないことを確認し、「注文」をタップすれば株式の購入は完了です。

ちなみに、注文方法には「指値」と「成行」の2種類があります。違いは、注文発注時に値段を指定するかどうかです。

指値注文

・株式を売買する値段を自分で指定して注文する方法

購入の際「いくらまでであれば購入します」といった具体的な金額を提示して注文します。株価が上がっている時にはこの注文方法がよく使われます。

成行注文

・株式の売買時の値段を指定しない注文方法

いくらでもいいから買いたいと思う時にこの方法を使います。株価が下がっている時はこの注文方法を利用することをおすすめします。

株式の取引ができる時間を覚えておこう

株式は24時間365日売買ができるわけではありません。株式市場の取引可能時間は9時~11時30分までと、12時30分~15時までに分かれており、午前の部は「前場(ぜんば)」、午後の部は「後場(ごば)」と呼ばれています。

また取引ができるのは平日に限られ、土日祝日および年末年始(12月31日から1月3日)は取引ができない点に注意しましょう。

ただし、取引可能時間外に証券会社のサイトなどで買いや売りの注文自体を出すことはできます。例えば20時に買いの注文を出しておくことで、翌日9時の取引開始となったタイミングで取引ができるようになります。

なお、証券会社のシステムメンテナンス時間中は注文を出せないので、その時間に被らないように気をつけましょう。さらに、証券会社によっては、取引可能時間直後(例えば11時30分から10分程度)は注文の受付を停止しているところもあります。口座を開設している証券会社の取引可能時間は事前に必ず確認しておきましょう。

株式の買い方
ステップ⑤株式を売却する

保有している株式が値上がりしたなどで利益が出た場合は、購入時と同様に「銘柄」「売却株数」「注文方法」などを決めて売却しましょう。今回も「DMM株 STANDARD」の画面を例に基本的な流れを紹介します。

アプリ「DMM株 STANDARD」の画面

数量や価格(指値の場合)、注文期限、暗証番号などを入力し(画面①~⑤)、注文確認(画面⑥)を選択すると以下のような確認画面が出てきます。

アプリ「DMM株 STANDARD」の画面

間違いがないか確認して「発注」を選択すると売却取引の注文が発注されます。

ちなみに、注文方法に「指値」と「成行」があることについて説明しましたが、指値よりも成行の方が、取引が成立しやすいという特徴があります。株価の動きや、自分が確定させたい利益額を考えながら、どちらの注文方法を選ぶか考えると良いでしょう。

初心者でもできる株式の選び方

株式の買い方と売り方が分かっても、どの銘柄(企業の株式)を買うべきか、見極め方を知っておかなければ実際に株式を購入するのは難しいでしょう。

そこで、ここからは初心者に向けて投資する企業の選び方についてご紹介します。ポイントは「暮らしの中でよく目にする企業から選ぶ」、「安定的に成長し続けている企業から選ぶ」の2つです。

株式の選び方①
暮らしの中でよく目にする企業から選ぶ

初心者がいきなり知らない企業に投資するのは無謀です。まずは自分がよく利用するスーパーなどの小売販売業やレストランといった飲食業など、自分が日常的に利用する企業から選ぶことをおすすめします。

暮らしの中でよく目にする企業から選ぶ

日常的に目にする企業なら、その企業の成長を身近に感じることができるでしょう。身近な小売販売業や飲食業で成長している企業には「セブン&アイ・ホールディングス」「イオン」「吉野家ホールディングス」「日本マクドナルドホールディングス」などがあります。

株の選び方②
安定的に成長し続けている企業から選ぶ

いくら日常的に目にする企業であっても、成長し続けていないと投資する意味がありません。安定的に成長し続けているかどうか、その企業の売上高や純利益を四季報などでチェックしてみましょう。

安定的に成長し続けている企業から選ぶ

ちなみに、売上高とはその企業が売り上げた金額の総額です。そして純利益とは、利益から本業以外の損益を加味した「経常利益」から法人税などの税金を差し引いたものです。

売上高が伸びているということは、その企業の営業成績が良いことを意味しますし、純利益が出ているということは最終的にその企業の利益が出ていることを意味しますので、企業はその利益を元に事業拡大を考える可能性もあります。

このような理由から、売上高そして純利益のどちらも伸び続けている企業は安定的に成長していると判断できますから、購入候補の1つとして考えると良いでしょう。

例えば、先ほど挙げた「セブン&アイ・ホールディングス」の売上高および純利益はどちらも順調に伸び続けており、今後さらなる成長も予想されます。

株式を買う時、初心者に注意してほしいこと

初心者が株式を買う際に注意してほしい点は以下の3つです

これらの内容について、以下に詳しく解説します。

①株主優待を受けたい人は事前に条件をチェックしよう

株主優待を目的として株式を購入したいなら、株主優待を受けるためには条件があることを知っておく必要があります。主な条件は以下のとおりです。

  • 企業が定めた日「株主権利確定日」に株式を持っている必要がある
  • 企業が定めた数の株式を保有する必要がある
  • まれに保有期間の条件が設定される場合がある

株主優待を受けるための条件は企業によって異なりますので、事前に必ず条件をチェックしてから株式を購入するようにしましょう。

②基本的に「現物取引」をしよう

株の取引方法には、自分が証券会社の口座に入金した資金を元手にして行う「現物取引」とは別に「信用取引」があります。

信用取引とは、自分が保有している資金や株式を証券会社に担保として預け、それを元に証券会社からお金を借りて株式を購入したり売却したりする取引の方法で、預けた担保評価額の約3.3倍まで、株式の取引が可能です。ただし、借金をしながら投資をするのは危険を伴うので、初心者であればまずは「現物取引」から始めることをおすすめします。

③出金時にタイムラグがあることを覚えておこう

証券会社からお金を引き出すためには、基本的に一度銀行口座に出金し、そこから引き出す必要があります。一定のタイムラグが発生するため、出金手続きは余裕を持って行うことを覚えておきましょう。

株式を買うべきタイミング

初心者が株式を購入すべきタイミングとして覚えておきたい要素は次の2つです。

このときに買うべき理由を説明していきます。

株式の買い時①
株価が安くなっている時

株価はさまざまな要因に影響され、日々変動しています。時には業績の悪化などのマイナスの要因がなくても、他の要因(決算のタイミングや世界情勢、国内の金融情勢など)によって株価が通常よりも安くなることがあります。

例えば、株主優待の権利確定日を過ぎた企業だと、株主優待目当ての人にとっては魅力がなくなるため、株価が安くなることが考えられます。実際に「テンポスホールディングス」は権利確定日(4月)を過ぎたあと、株価が下落しています。

また、業績の上方修正を発表したばかりの企業も狙い目です。一般的には企業が業績の上方修正を発表すると、その後株価は上昇する傾向にあります。

そのため、発表直後に購入することで、その後の値上がり(利益)が期待できるのです。ただし、なかには上方修正を発表した後に株価が下落することもありますので、注意して株式を購入するようにしましょう。

株式の買い時②
株価が上昇し続けている時

成長し続けている企業など、株価が上昇している時も買い時です。

ただし、いくら成長を続けている企業でも、株価が急騰した後に何らかの要因でマイナスに転じる場合もあるため、注意して株価の推移を確認しておきましょう。

株式を売るべきタイミング

ここまで、株式を購入するタイミングについて解説してきましたが、ここからは株式を売却するタイミングについてもみていきましょう。

株式を売却するタイミングを図るのはプロでも難しいものです。一時的な感情に流されて売却してしまうと、思ったような結果にならないこともしばしばあります。

そこで、株式を売るべきタイミングとして覚えておきたい、以下の2つの要素について解説します。

株式の売り時①
自分の目標金額に達した時

一つ目は自分が設定した目標金額に達した時です。事前に「これくらいの利益が出たら売却する」といった目標を決めておくことで、目標金額になった時に売る決心がつきます。

投資を行う上で、欲は禁物です。「もう少し株価が上がるかも…」と思った途端に株価が下がり、売るタイミングを逃してしまうことにもなりかねません。そのような欲は捨て、できるだけ確実に利益を得るためにも、目標金額になったら株式を売ることを心掛けることが大切です。

株式の売り時②
自分が許容できる金額よりも損が出そうな時

株式に限らず、投資商品は日々金額が変動するため、利益が出ることもあれば、損失が発生することもあります。

そのため、「ここまでの金額になったら売る」といった利益目標だけではなく、「いくらまでの損失なら売らずに保有しておけるか」の目安も決めておきましょう。そうすることで想定を超えた損失を防ぐことにつながります。ご自身で許容金額の基準を設定し、そこに達したら感情に左右されずに必ず売ることも、損失の拡大を防ぐ上で重要なポイントです。

株式の買い方に関するよくある質問

株式はどこで買えますか?

証券会社で購入できます。

株式を購入するには証券口座の開設が必要ですが、ネット証券などではPCやスマホで簡単に必要書類の提出ができ、スムーズに口座が開設できます。

株式はどうやって買うの?

株式は以下の5つのステップで購入できます。

◆株式の買い方-5つのステップ

  1. ①証券会社で口座開設
  2. ②銀行口座から証券口座に入金する
  3. ③購入したい企業の株を選ぶ
  4. ④株式を購入する
  5. ⑤株式を売却する

なお、株式の購入方法には、証券会社に電話をして注文する方法やネットで購入する方法などがあります。ネット証券などではPCだけではなく、スマホ経由でも株式を購入できるため、スキマ時間を有効に利用できます。

株式っていくらから買えるんですか?

株式は基本的に100株単位で購入できます。この通常の取引で売買される単位を単元株といい、株価に応じて、数万円~数十万円の購入資金が必要です。

ただ、証券会社によっては「単元未満株」を取り扱っているところもあり、その場合は1株単位(数百円~数千円程度)で購入できます。

米国株式(外国株式)ってどうやって買えばいいですか?

米国株式(外国株式)の購入方法は基本的に国内株式と変わりませんが、外貨(米ドル)で購入する方法と日本円で購入する2つの方法があります。以下にその流れを簡単に説明します。

◆米国株式の買い方-4つのステップ

  1. ①証券会社で口座開設(外国株式の取引に対応しているか確認)
  2. ②銀行口座から証券口座に入金する(円もしくは米ドル)
  3. ③購入したい企業の株式を選ぶ
  4. ④株式を購入する

①開設した証券口座が外国株式の購入に対応しているか確認する

(今回例として取り上げるSBI証券では、外国株式の取引を行うための事前設定が必要です)

引用:SBI証券

②証券口座に入金する(円もしくは米ドル)

日本円を入金すれば、その金額に応じた取引が可能です。米ドルの入金については、外貨預金で米ドルを保有しているならそのまま入金(外貨入金)することができますし、その時の為替に応じて円をドルに替えて入金(為替取引)することもできます。

為替取引には「リアルタイム為替取引」と「定時為替取引」の2種類があり、受付時間や約定のタイミングが異なる点に注意が必要です。

③購入したい企業の株式を選ぶ&④株式を購入する

入金が反映され、購入できる状態になれば米国株式を購入することができます。購入したい米国企業の株式を選び、購入する株数や指値で購入するなら希望する金額などを指定しましょう。

IPOって何ですか?

IPOとは「新規公開株式」といわれるもので、企業が資金調達の目的で一般の投資家に株式を新たに売り出すことです。その際に企業は「公募価格」を設定しますが、できるだけ多くの投資家に買ってもらいたいという思いから、低めに設定されている点が特徴です。

そのためIPOが市場に上場すると値上がりしやすく、値上がり益が期待できるのです。しかし、誰もがIPOを購入できるわけではありません。抽選に応募し、当選しなければ購入することができないため、IPOを購入したいなら、IPO銘柄を多く取り扱っている証券会社や主幹事の件数が多い証券会社で口座を開設するなどといった工夫が必要です。

合わせてこちらもチェック!

IPOの買い方は国内株式の買い方と同じですか?

IPOは国内株式の買い方と異なります。以下にIPOの購入の流れについて解説します。

◆IPO(新規公開株式)の買い方-5つのステップ

  1. ①証券会社で口座開設
  2. ②仮条件を確認し、ブックビルディングに参加する
  3. ③証券口座に入金する
  4. ④売り出し価格が決定し、抽選が行われる
  5. ⑤当選した場合、購入意思表示を行い購入する

①IPOを取り扱っている証券会社で口座を開設する

できるだけ多くのIPO株式を取り扱う証券会社、さらには主幹事となっている件数が多い証券会社を選ぶことがポイントです。

②仮条件が掲示されるので、ブックビルディングに参加する

ブックビルディングに参加することで最終的な売り出し価格が決定されます。

③証券口座に「発行価格×有効申込株数」以上の金額を入金する

入金額が満たないと抽選に参加できないため注意が必要です。

④売り出し価格が決定し、抽選が行われる

ブックビルディングを基に最終的な売り出し価格が決定し、入金済みの人を対象に抽選が行われます。

⑤抽選後結果が通知され、購入意思表示を行うことで購入完了!

合わせてこちらもチェック!

初心者が株式を買うなら口座開設や取引が簡単なネット証券がおすすめ

株式を購入するにあたり、最初に行う必要があるのは証券口座の開設です。証券会社は数多くあるため、どの証券会社を選ぶべきか迷う人もいるでしょう。そんな人には、スマホ上で簡単に手続きが行えるネット証券を選ぶことをおすすめします。

また、企業の株式を購入する際は、自分が身近に感じる企業やこれから成長が期待できる企業を選ぶことがポイントです。

初めのうちは不安なことが多いかもしれませんが、SBI証券などのように少額から投資を始められて初心者にやさしい証券会社もあります。口座開設は無料でできますから、気になっているのであれば、まずは証券口座を開設して株式投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

合わせてこちらもチェック!

どこで
口座開設したらよいの?

いざ、株式投資を始めよう!と思っても、数ある金融機関の中からどこを選べばよいか迷いますよね。そこで、多くの人に支持される金融機関3つを、独自のサービスやおすすめ情報と併せてご紹介します。

  • 総合力で選ぶなら!

    SBI証券

    • 1日100万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • ワンコインから投資ができる!サービスの充実度は業界トップクラス
    • 国内株式個人取引シェア1位を獲得(2021年4~6月)!総合力に秀でた証券会社
  • 口座開設数ナンバーワン

    楽天証券

    • 1日100万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • 口座開設数は4年連続ナンバーワン!初心者向けサービスも充実
    • プロも太鼓判を押す取引アプリが無料で利用できる!使い勝手抜群
  • 初心者にやさしい証券会社

    松井証券

    • 株主優待名人の桐谷さんが30年愛用する証券会社
    • 1日50万円まで取引手数料0円!少額で投資を始めるのに最適
    • 銘柄の探し方などの株式投資の悩みを無料相談できる“株の取引相談窓口”がある

この記事は役に立ちましたか?

役にたった (0)
役にたたなかった (0)

\ この記事をシェアしよう /

簡単5ステップ!初心者のための株の買い方と売り方-選び方やコツも紹介

簡単5ステップ!初心者のための株の買い方と売り方-選び方やコツも紹介

ページトップ
【免責事項】

・当サイトの掲載情報は執筆者の見解であり、あくまでも参考情報の提供を目的としたものです。
最終的な投資決定は、各取扱金融機関のサイト・配布物にてご確認いただき、ご自身の判断でなさるようお願い致します。

・当サイトの掲載情報は、信頼できると判断した情報源から入手した資料作成基準日における情報を基に作成しておりますが、当該情報の正確性を保証するものではありません。また、将来的な予想が含まれている場合がありますが、成果を示唆あるいは保証するものではありません。

・当サイトは、掲載情報の利用に関連して発生した一切の損害について何らの責任も負いません。

・当サイトの掲載情報は、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されております。

・当サイトへのリンクは原則として自由ですが、掲載情報を営利目的で使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等)する事は禁止します。

マネーはじめてナビ