はじめての資産運用をナビゲート

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

×閉じる

iDeCo専用ロボアドで最適な資産配分が分かる!

メニュー
トップへ
最終更新:2022年01月19日

【初心者向け】つみたてNISA(積立nisa)おすすめ銘柄組み合わせ

【初心者向け】つみたてNISA(積立nisa)おすすめ銘柄組み合わせ
伊藤 久実 ファイナンシャルプランナー、ライター

この記事は4分で読めます

つみたてNISAは、長期投資を促すために国が用意した非課税で運用できる投資制度。

ですが、「どの銘柄を組み合わせれば良いのかわからない」という投資初心者も多いのではないでしょうか。

この記事では、つみたてNISAで銘柄を組み合わせるメリットや効果的な組み合わせ方、具体的なおすすめ銘柄までお伝えします。

結論(この記事のポイント)
  • つみたてNISAでは手数料が安いインデックス型がおすすめ
  • つみたてNISAでリスクを減らす方法は「分散投資」
  • リスク度別に手数料が安くリターンが高いおすすめ銘柄を紹介
目次を開く

つみたてNISAの銘柄はいくつ組み合わせる?1つだけでも良い?

つみたてNISAは非課税で投資できる期間が最長20年と、長期分散投資が可能です。早速、つみたてNISAで銘柄を組み合わせるメリットについて解説します。

組み合わせるメリットはリスク分散

つみたてNISAでは投資信託という商品に投資します。その際、複数の投資信託の銘柄を組み合わせるメリットは、「分散投資をして運用リスクを低くする」ため。

投資する資産や地域が異なる投資信託の銘柄を組み合わせて持つことで、値動きの幅を小さくできる効果があります。

組み合わせ方は「リスク許容度」ごとに違う

つみたてNISAで銘柄の組み合わせを考えるときに大事なのが、「どのくらいのリスク・リターンを求めるか」という自分の「リスク許容度」を見極めること。

投資信託も株式と同様、毎日価格が変動します。そしてリスクが高いものほど価格の変動が大きくなります。

リスクとリターンは表裏一体。例えば10%の利益を期待できる商品は、逆に言えば10%の損失が出る可能性があるということ。

大きなリターンを求めるほど、値下がりリスクも大きくなります。銘柄選びには、「どれくらいの値動きなら、不安にならずに積み立てを続けられるか」を考えましょう。

リスク許容度
商品 リスクとリターンの大きさ
債券 低い
投資信託 株式比率が高い投資信託は比較的高い
債券比率が高い投資信託は比較的低い
株式 高い

出所:著者作成

投資信託は、株式や債券などの投資対象が複数詰め合わされた金融商品。その中でも株式に投資する比率が高いものはリスク・リターンが比較的高く、債券の比率が高いものはリスク・リターンが比較的低い傾向にあります。

自身がどの程度のリスクを受け入れられるかを考えて、銘柄を選ぶことが基本です。

つみたてNISAの銘柄組み合わせの選び方

そこでリスク許容度を次の3つ、「安定投資(ローリスク・ローリターン)」、「標準投資(ミドルリスク・ミドルリターン)」、「積極投資(ハイリスク・ハイリターン)」に分けて、つみたてNISAで組み合わせる銘柄を提案します。早速、選び方のポイントを見ていきましょう。

リスク許容度別に➀利回り(リターン)と②手数料(信託報酬)で選ぶ

チェックしたいポイントは次の2点です。

  • 利回り(リターン)
  • 手数料(信託報酬)

「利回り」とは、投資で得られる収益のこと。

手数料は「信託報酬」とも呼ばれ、投資信託を保有している期間中ずっとかかる管理料のようなもの。

最終的に手元に残るリターンを多くするにはできるだけ信託報酬が低いものを選ぶことが大切です。そのためには「インデックスファンド」を選んで投資しましょう。

投資信託は運用の仕方によって、インデックスファンドとアクティブファンドに分かれます。両者の違いは下表のとおり。信託報酬が低いことがインデックスファンドの大きなメリットです。

  インデックス型 アクティブ型
運用方針 特定の指数に連動したリターンを目指す 運用会社が投資する銘柄を決め、より大きいリターンを目指す
特徴
  • 日経平均など代表的な指数に連動するため値動きがわかりやすい
  • 市場平均に沿ったリターンが期待できる
  • 仕組みが複雑でわかりにくいものも
  • 成績が良いファンドはインデックス型よりも高いリターンを期待できる
組入銘柄 指数に組み入れられている銘柄 運用会社のファンドマネジャーが独自に選んだ銘柄
信託報酬 低め 高め

続けて、インデックスファンドの中からリターンが高く、手数料(信託報酬)が低いおすすめ銘柄をリスク許容度別に見ていきましょう。

リスク許容度別おすすめ例
【安定投資】ローリスク・ローリターンの組み合わせ…バランスファンド100%

バランスファンド100%

ローリスク・ローリターンで安定運用したい人や投資初心者は、債券を組み入れた銘柄を選ぶのがおすすめです。

一般的に、債券は株式に比べて値動きが少ないため、リスクを抑えた運用ができます。しかし、つみたてNISAでは債券のみで運用する投資信託はないため、株式と債券の両方に投資するバランスファンドがおすすめ。

「バランスファンド1本だけで分散投資できるの?」と不安な人がいるかもしれませんが、1つの銘柄で複数の商品や地域に分散投資しているのがバランスファンドの特徴です。

そのバランスファンドの中でも、国内外の債券や株式などに均等に投資する「資産均等型」から、つみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」より同ジャンルの投資信託のリターンと手数料を比較して選出したおすすめが、「楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))」です。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))100%

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))
3年積立利回り 20.83%
手数料(信託報酬) 0.132%

出典:つみたてNISAナビ
(2021年12月時点)

「楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)」は、日本を含む全世界の株式および投資適格債券(格付けが高い債券)に投資するファンド。さまざまな商品や地域に分散投資を行っているため、リスクを抑えながらリターンを狙う安定運用を目指せます。

信託報酬は0.132%と、同じタイプのファンドの中でも低コストなことが魅力です。

なおつみたてNISAでは金融機関によって購入できる銘柄のラインアップが違います。つみたてNISA口座を開設する際は、希望のファンドを購入できる証券会社を選びましょう。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)は楽天証券、SBI証券で購入できます。

リスク許容度別おすすめ例
【標準投資】ミドルリスク・ミドルリターンのおすすめ組み合わせ…国内株式50%、先進国株式50%

国内株式50%、先進国株式50%

ミドルリターン・ミドルリスクを狙いたい人は、国内株式の銘柄と先進国株式の銘柄を50%ずつ組み合わせるのがおすすめ。

国内株式だけでなく先進国株式も組み入れることで、投資対象を分散しリスクを減らすことができます。

そこで、国内株式に投資する投資信託と先進国株式に投資する投資信託で、つみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」よりリターンと手数料を比較して選出したおすすめが、「iFree 日経225インデックス」と「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」の50%ずつの組み合わせ。

iFree 日経225インデックス 50%+eMAXIS Slim先進国株式インデックス 50%

iFree 日経225インデックス

iFree 日経225インデックス
iFree 日経225インデックス
3年積立利回り 25.00%
手数料(信託報酬) 0.154%

出典:つみたてNISAナビ
(2021年12月時点)

「iFree 日経225インデックス」は日本国内の株式に投資し、日経平均株価(日経225)の指数に連動した運用成果を目指す投資信託。

同じ指数を目指すインデックス型の中でも、低い手数料で運用できるのがメリットです。

続けて、組み合わせる外国株式インデックスファンドのおすすめ銘柄を見てみましょう。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

eMAXIS Slim先進国株式インデックス
eMAXIS Slim先進国株式インデックス
3年積立利回り 49.72%
手数料(信託報酬) 0.10%

出典:つみたてNISAナビ
(2021年12月時点)

「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」は手数料が低く、かつ非常に高いパフォーマンスをあげているファンド。

日本株式が全く組み入れられていないため、iFree 日経225インデックスと組み合わせることによって、「日本株:外国株」をきちんと50%ずつにできます。

SBI証券や松井証券などであれば、iFree 日経225インデックスとeMAXIS Slim先進国株式インデックスの2本を同時に購入できます。

リスク許容度別おすすめ例
【積極投資】ハイリスク・ハイリターンのおすすめ組み合わせ…全世界株式100%

全世界株式100%

つみたてNISAでハイリスク・ハイリターンの運用をしたい人は、「全世界株式」に投資するインデックスファンド100%で運用しましょう。複数の国の株式に投資しているため、1本保有するだけで分散投資が可能です。

そもそもつみたてNISAでは、世の中の全ての投資信託から銘柄を選べるわけではなく、金融庁が「つみたてNISA対象銘柄」に指定した約200本(2021年10月時点)から選ぶ仕組みになっています。

つみたてNISAでハイリスク・ハイリターンの投資をしたい場合は、株式型かつ投資対象地域を全世界としている銘柄がおすすめです。

全世界であれば、先進国だけでなくGDPが高く成長著しいインドやブラジル、インドネシアなどの新興国も投資対象となるため、分散しながらより高いリターンが狙えます。

その全世界株式型で、つみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」よりリターンと手数料を比較して選出したおすすめが、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))」です。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
3年積立利回り 42.42%
手数料(信託報酬) 0.06820%

出典:つみたてNISAナビ
(2021年12月時点)

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))」は複数のETF(上場投資信託)を組み合わせることで、日本を含む全世界の株式市場の指数に連動するような成果を目指す銘柄です。

この1本に投資するだけで、世界中に分散投資できる手軽さや信託報酬の低さが魅力です。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))が買えるのはSBI証券や楽天証券です。

著者のつみたてNISA(積立nisa)組み合わせ紹介

著者自身がつみたてNISAで投資している銘柄は、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))」1本です。

自身の金融資産としては預貯金比率が高く、投資はつみたてNISAのみのため積極的な運用をしたいと思い選びました。

2018年の積立開始からのリターンは約35%です。世界全体のイノベーションや経済成長を期待しながら長期間積み立てることを目標にしています。

著者のつみたてNISA(積立nisa)組み合わせ紹介

つみたてNISA(積立nisa)のよくある質問

つみたてNISAの金融機関は変更できる?

つみたてNISAの金融機関は年単位で変更できます。

変更方法は、現在つみたてNISA口座を保有している金融機関から「管理勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」を発行してもらい、それを新たに口座開設したい金融機関に提出します。

その際、つみたてNISA口座ですでに保有している投資信託は移管できないなどの注意点もあります。

つみたてNISAは手数料が低いインデックス型で始めよう

つみたてNISAでは手数料が低いインデックス型の投資信託がおすすめ。利回りと手数料(信託報酬)に着目して紹介した銘柄を組み合わせて、ぜひ始めてみてください。

どこで
口座開設したらよいの?

いざ、つみたてNISAを始めよう!と思っても、数ある金融機関の中からどこを選べばよいか迷いますよね。そこで、多くの人に支持されている金融機関を、独自のサービスやおすすめ情報と併せてご紹介します。

  • 多くの人に選ばれている証券会社

    SBI証券

    • SBIグループ全体の口座数は720万を突破!
    • 三井住友カードを使うとVポイントのお得な「二重取り」が可能
    • 100円から積立できる!頻度を毎月/毎週/毎日から自由に選べる
  • 初心者に優しい証券会社

    松井証券

    • 三ツ星評価のサポートで安心!
    • 対象の投資信託を保有するだけでポイントまたは現金を毎月還元!
    • つみたてデビュー応援キャンペーン実施中
  • 楽天ユーザーにおすすめ

    楽天証券

    • 楽天ポイントが貯まる!楽天カードを使うとお得な「二重取り」も◎
    • 取扱い銘柄数180本!業界トップのラインナップ
    • 100円から積立できる!
  • Pontaポイントがもらえる

    auカブコム証券

    • au PAYカード決済で投資信託を積立するとPontaポイント還元!
    • au回線またはUQ mobileならポイント還元率アップ
    • 運営管理手数料が「0円」

この記事は役に立ちましたか?

役にたった (61)
役にたたなかった (4)

\ この記事をシェアしよう /

【初心者向け】つみたてNISA(積立nisa)おすすめ銘柄組み合わせ

【初心者向け】つみたてNISA(積立nisa)おすすめ銘柄組み合わせ

ページトップ
【免責事項】

・当サイトの掲載情報は執筆者の見解であり、あくまでも参考情報の提供を目的としたものです。
最終的な投資決定は、各取扱金融機関のサイト・配布物にてご確認いただき、ご自身の判断でなさるようお願い致します。

・当サイトの掲載情報は、信頼できると判断した情報源から入手した資料作成基準日における情報を基に作成しておりますが、当該情報の正確性を保証するものではありません。また、将来的な予想が含まれている場合がありますが、成果を示唆あるいは保証するものではありません。

・当サイトは、掲載情報の利用に関連して発生した一切の損害について何らの責任も負いません。

・当サイトの掲載情報は、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されております。

・当サイトへのリンクは原則として自由ですが、掲載情報を営利目的で使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等)する事は禁止します。

マネーはじめてナビ